革・毛皮について

毛皮の種類・お手入れ・保管方法

革のお手入れ種類お手入れ
毛皮のお手入れ種類お手入れ保管方法
●毛皮の種類
高級毛皮の代名詞となっており美しく自然な光沢と美しい色調が特徴。
軽くて柔らかく耐久性も抜群。衣料品として優れた特質を備えている。
また毛並みもとてもしなやかで美しい。
毛足が長く密生しており、絹の様な光沢と手触りが特徴。
刺毛、綿毛とも繊細で細く、濃い褐色のものが良質とされている。
毛皮の中でも価値が高く「毛皮の王様」として呼ばれている。
光沢があり毛足が長く、綿毛も密度がありボリューム感がある。
コートやストールトリミングに使われることが多い。
種類、色が多く保温性にも優れ耐久性がある。
毛皮の中でも一番のソフトさ美しさがあり軽くやわらかさは最高級。
また保温性にも優れている。
しかし耐久性が低くデリケートな毛皮である。
フランス産のラビットの特殊な種類として刺毛だけのものがレッキスと呼ばれ
手触り感に優れ毛足が短く高級ラビットと呼ばれている。
また手触り、耐久性に優れている毛皮である。
毛足が短く綿毛は密度がある。
染色が容易なためさまざまなカラー展開がされている。
比較的安価のため利用範囲は広く、特にヤング層に人気が高い。
●毛皮のお手入れ
着用時の注意点●バックは手提げを・・・
ショルダーバッグはベルトで肩の毛皮を傷めるので避けたほうが良い。

●香水を直接毛皮にふりかけない・・・
香水の成分で、毛皮が変色することがあります。

●外出先から帰宅したらホコリを落とす・・・
毛皮をさかさにし、軽く数回ふるとホコリが落ちます。

●火の元には近づけない
火は毛皮の大敵。タバコやストーブにはくれぐれも注意
雪や雨でぬれたとき

1、軽く振って水分を切り、乾いたタオルで静かに拭いて、風通しの良いところで
  陰干しをする。(直射日光や熱に当てると毛を傷めます)


2、乾燥したらブラッシングで毛並みを整える。

コーヒーやジュースをこぼしたら1、すぐにハンカチやテッシュペーパーで吸い取りその後少しぬらしたタオルで
  汚れをたたき出すようにしてふき取る

2、拭いた後陰干しし、乾燥したら毛並みを整える。
※コーヒーやジュースが染み込んでしまったらクリーニングする方が無難です。
目立たないからといってほおっておくと、虫食いの原因になることがあります。

毛グセがついたら

1、蒸しタオルをクセのついたところに当て、毛並みの方向におさえ

  その後クシかブラシで整える。
※ドライヤーは使わないこと

汚れがついたとき1、蒸しタオル(50~60度)をきつく絞って毛並みと逆さに、次に毛並みにそって
  ふき取る。その後蒸しタオル でふき取る 。
2、ガーゼにベンジンを含ませ、1と同じようにふき取る。
  その後蒸しタオルでふき取る。
3、 拭いた後は陰干しする
●毛皮の保管方法

●しまう前に
1、まずホコリを落とし、その後ベンジンを含ませたガーゼで汚れをとる。
  その後2~3時間陰干しし、湿気をとる。

2、乾燥したら、毛並みを整える。
●しまう時1、服に合ったハンガー(肩巾、厚み)を選ぶ。
2、通気性の良いカバーをかけて、ハンガー吊りがベター。
3、しまう場所は湿気がなく、風通しの良い直射日光のあたらないところ。
4、防虫剤や乾燥剤を入れるときは、紙に包んで直接毛皮に触れないように。
5、箱に入れてしまうときはなるべく毛皮をおらないようにゆっくり入れる。
●チェック1、保管中は時々陰干しを。(湿気は虫食いや変質の原因になります。)
2、ゆったりと保管を。(毛皮が他のものに強くはさまれると毛グセがつきます)

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ