革・毛皮について

革の種類・お手入れ

革のお手入れ 種類お手入れ
毛皮のお手入れ 種類お手入れ保管方法
●革の種類

▼カーフスキン(Calf Skin)
生後6ヶ月くらいの仔牛の皮。
薄手でキメ細かく、美しさは抜群。

▼キップスキン(Kip Skin)
生後6ヶ月から2年くらいの中牛皮。厚みも加わり、カーフに次いで
キメが細かく、豊かな美しさをしている。

▼カウハイド(Cow hide)

生後約2年のの成牛皮で、キメはなめらかで丈夫です。

▼ステアハイド(Steer hide)
生後3~6ヶ月の間に去勢した牡で、2年以上の成牛皮をいい、
厚手で耐久性にすぐれています。

▼ブルハイド(Bull hide)
生後3年以上の牡の成牛皮です。繊維組織は粗く、丈夫で厚く
重荷靴底、工業用革に使われます。

皮の組織は牛皮と似ていますが、柔軟性があり、皮の表面はスムーズです。
なお、尻の部分は繊維が緻密で光沢の美しいコードバンになります。
豚皮。表面が摩擦に強く、丈夫な革になります。
3つで1群となった毛穴の面白さと通気性のよさがあり、国産素材が多く
海外に輸出されています。
毛皮の中でも一番のソフトさ美しさがあり軽くやわらかさは最高級。
また保温性にも優れている。
しかし耐久性が低くデリケートな毛皮である。
羊皮。これは毛穴が小さくキメが細やかで、薄く柔らかいソフトな感じが
好まれています。なお仔羊皮はラムスキンといいます。
仕上げた革は衣料品、高級手袋などに用いられます。
カンガルースキン。産地はオーストラリア。皮は丈夫で強く、しなやか。
高級素材として珍重されている。
鹿の皮を動植物油でなめした皮はやわらかくしなやかで
セーム皮と称されています。

●皮のお手入れ


レザーはお手入れしだいで10年20年と着ることのできる耐久性のある商品です。


●保管前のお手入れ

保管前は念入りに行います。
陰干しにして良く乾かします。湿ったままに保管するとカビ、しみ、色落ちの

原因になります。保革油を薄くすり込んで風通しの良いところで陰干しして
よく乾かします。

●保管方法 型崩れを防ぐために肩幅にあったハンガーに掛けてから保管してください。
風通しが良く湿気が少ない場所を選びます。
蛍光灯でも十分変色します。
保管中天気の良い日に出して陰干ししてください。
これはカビの防止にもなります。
●カビが出てしまった時

まずはカビを覘いた後、水でぬらして硬くしbった布でふき取ってから、陰干しすると良いです。むれるとしみになるような場合は、乾拭き、ブラッシングにとどめておくこと。保管効果のあるクリームオイルをぬっておく。

●雨にぬれたとき すばやく、ハンカチやテッシュペーパー等で抑えるようにして
水気を吸い取ります。そのままにしておくとしみや色落ち、
カビの原因になります。乾いたタオルまたは柔らかい布で丁寧に軽く
磨き上げ、風通しの良いところで陰干しします。その後は保革油を
薄くすり込んでください。
●スエード(起毛革)のお手入れ方法 柔らかいブラシを使用すること。汚れが完全に乾いていることを確認し、
汚れ部分を指で浮かせながらブラシまたは目の細かいサンドペーパーで
なでるようにして少しずつ取り除く。

カビの場合も気づいたら早めにブラッシングしてください。
液状の汚れが付着したらすばやくハンカチやテッシュペーパーで吸い取ること。

起毛皮(スウェード)を手入れした後は十分ブラッシングして毛羽立ちを回復させて
おくことも必要です。無理なお手入れは革製品を台無しにすることが多いので
絶対にしないようにすることが大切です。

●ムートンのお手入れ方法 ムートンの美しい艶を保つために時々ブラシをかけて毛並みをそろえる。
ブラッシングでも毛の抜ける原因になりますので十分気をつけてください。

ホコリは毛の方を細かい棒などで軽くたたいて落としてください。
ムートンは湿気を嫌います。雨、雪などぬれたときはタオルで拭きとって
陰干しして風通しの良いところで感想させてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ